ビットコイン取引所を比較して選ぼう! - 徹底比較 ビットコイン取引所

徹底比較 ビットコイン取引所

ビットコイン取引所を比較して選ぼう!

▼ 目次

ビットコイン取引所を比較して選ぶ方法

今回は、ビットコイン取引所を比較して選ぶ方法を解説します。
ビットコイン取引所(仮想通貨取引所)とは一体なんなのか?まずここからの説明をしたいと思います。
ビットコイン取引所というのは、ビットコインを購入したり売ったりできる仲介所のことです。
例えますと、株でいう証券取引所のようなもの、為替でいうFXのようなものです。
ただ、国から"取引所"としての正式な認可があるわけではなく、公的な取引所とは違うので注意が必要です。

さて、そんなビットコイン取引所では、具体的に一体に何ができるのでしょうか?
まず、ビットコインの売買から説明していきます。
ビットコイン取引所でアカウント(口座)を作ると、ビットコインを始めとする色々な仮想通貨を、取引することができるようになります。
取引というのは、「現金を使って仮想通貨を買う」「買った仮想通貨を値上がりした時に売却をする」という感じの取引です。

ビットコインFXというのも取引所で取引することができますが、これはまた別の商品になります。
ビットコインFXというのは、法定通貨のFXと同じく、証拠金にレバレッジを掛けて売買する仕組みです。
儲けた時は大きな利益を得られますが、その分リスクも大きくなります。

このようなサービスを使って売買差益を狙ってこうした取引を繰り返す人もいますし、手に入れたビットコインを現金に換えるために、ビットコイン取引所を利用するケースもあります。
ビットコインは現在のところ銀行では両替ができないため、こうしたビットコイン取引所が利用されているわけなのです。

また、ビットコインの送金においても、取引所経由で送金した場合の手数料が非常に安いため、銀行による現金送金と比べてビットコインの利便性の高さが注目されています。
現在のところ、ビットコインの手数料は上がってきてはいますが、それでも銀行送金より安いです。
しかも仮想通貨送金は、着金までの日数が即日という優れた性能を持ちます。
銀行送金の場合は、中間を挟むので手数料は高いし着金までにかなりの時間を要します。
そう考えると、ビットコインや仮想通貨には、今後も注目が集まるのではないか?と期待ができるわけです。

ちなみに、手に入れたビットコインは、必ず取引所に預けなければならないわけではありません。
ウォレットというデータ上の財布のような機能を使えば、個人でビットコインを保管することもできます。
ただし、セキュリティの面で不安も多いし、ハードに保管したビットコインは、そのハードが故障したら失われてしまう危険があります。
個人で保管するには、バックアップが必須といえるでしょう。
そういうセキュリティの面においてはお金をかけている取引所に預けていた方が、安心と考えられるかもしれません。

取引所のセキュリティは要チェック

あと、ビットコイン取引所の比較の仕方ですが、手数料の高い安いではなく、セキュリティ対策について安全だと思える業者を選ぶべきです。
今後、仮想通貨を取り扱う取引所は増えていくことが予想されますが、セキュリティ対策に関する法整備が追いついておらず、企業によって対策がマチマチなのが現状です。
セキュリティ対策が甘い取引所を選ばないよう、比較的有名なビットコイン取引所を選ぶことが大事だといえます。
★有名なビットコイン取引所を調べる
ビットコイン取引所のセキュリティに関しては、保管している顧客の資産をオンラインで繋がずにネットワークから遮断するのが基本です。
ネットワークから遮断していれば、いかなるハッカーも侵入ができません。
会社に忍び込んでハードディスクを盗まない限り、仮想通貨が盗まれることもないわけです。
今後は、この対策をしっかりやっている企業かどうかを判断する必要がありそうです。

あと、仮想通貨の取引扱い銘柄についても、種類が多い方が便利です。
例えば、去年、秋葉原で大々的な広告戦略を行ったMONAコインなどは、国産初の仮想通貨として注目を集めました。
ブロック生成のスピードがビットコインと比べて段違いに速く、性能的に優れているのがMONAコインの特徴です。
このMONAコインは、クリエーターへの投げ銭として利用されており、気軽な利用シーンが利用者拡大を促しています。

また、リップルという仮想通貨も今後は注目されています。
リップルというのは、リップル社が開発した仮想通貨で、本来は金融機関同士の決済手段として用いられていました。
海外のクレジットカード会社もリップルのネットワークを活用するために業務提携を行っていますので、今後期待ができる仮想通貨です。

ビットコイン以外の仮想通貨を取引できる業者を選ぶとよいでしょう

このような、ビットコイン以外の仮想通貨を取引できる業者を選んでおけば、初動に乗り遅れずに値上がりを掴むことができるかもしれません。
ただし、そろそろ国の規制も厳しくなりそうな予感がします。
近年の仮想通貨の乱高下により、多くの現金のやり取りが行われています。
韓国の取引所での仮想通貨消失事件などの例もあるため、取引所に対する規制と共に、口座開設をする個人に対しても所得条件が設けられる可能性は否定できません。
始めるのであれば、厳しくなる前にアカウントを作成したほうがいいかもしれません。

top